2017・08
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/12/04 (Thu) 近況です


おひさしぶりです。
(ここを……
 読んでくださる方が……
 いるのだろうか……)


ひさしぶりなので、近況を書きます。


家族がふたり亡くなり
よく「こころにぽっかりあながあく」と言いますが
そういうのとは少しちがう、
いうなれば、水にひたされた苔の上をはだしで常に歩いているような日々でした。
そんな暮らしの中で
いつのまにか最低限のこと以外のたくさんのものたちから遠ざかってしまい
気づけばうたもそのうちのひとつ
はるか向こうの水平線近くに見えるちいさな島のような存在になってしまっていることに気づきました。
うたをつくるというところはおろか
うたに対して学んだり、読んだり、ふれたりすることさえ
まったくない毎日です。


最近、うたのおともだちととても久しぶりに会って、たのしくおはなしする機会があったのですが、
短歌のこと、やっぱりすきだなあ
と思いました。

またうたをつくりたいなあ
いつかつくれたらいいな
と思っています。


わたしの足の裏にはこれから先なにがあっても
幻肢痛のように、ことあるごとにリアルに
ひたひたの苔の感触がよみがえってくるでしょうから。

スポンサーサイト

メモ | trackback(0) | comment(4) |


2008/05/09 (Fri) 025:あられ(橘 こよみ)

かたくなに爆ぜるあられよ燃えさかる星は遠くへしずんでいった

題詠08 | trackback(0) | comment(0) |


2008/05/06 (Tue) 024:岸(橘 こよみ)

対岸に常なるひかり 立ったまま野生のグレープフルーツを食む

題詠08 | trackback(0) | comment(0) |


2008/05/05 (Mon) 023:用紙(橘 こよみ)

少しだけ傾いている教室でひこうきになる答案用紙

題詠08 | trackback(0) | comment(0) |


2008/04/28 (Mon) 022:低(橘 こよみ)

じわじわとおしよせてくるなみゆゑに西高東低やさしかるべし

題詠08 | trackback(0) | comment(0) |


2008/04/24 (Thu) 021:サッカー(橘 こよみ)

五芒星六芒星が枯れかけのサッカーゴールに流れだす春

題詠08 | trackback(0) | comment(0) |


2008/04/11 (Fri) 題のリスト(021~030)

021:サッカー
022:低
023:用紙
024:岸
025:あられ
026:基
027:消毒
028:供
029:杖
030:湯気

題詠08 | trackback(0) | comment(0) |


2008/04/10 (Thu) 020:鳩(橘 こよみ)

死を夢想する境内に行儀よく並んでいますふくらんだ鳩

題詠08 | trackback(0) | comment(0) |


2008/04/08 (Tue) 019:豆腐(橘 こよみ)

豆腐屋の角を曲がって三日月の影の部分をなぞりつつ来い

題詠08 | trackback(0) | comment(0) |


2008/04/04 (Fri) 018:集(橘 こよみ)

立ちつくすてのひら さくらのはなびらを集めて永い一日(ひとひ)が終わる

題詠08 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

about

橘 こよみ

Author:橘 こよみ

短歌をつくっています。

recententry&comment

最近のコメント

archives

category

感謝です。

trackback

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

aglio-e-olio内検索

link*link

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。