2006・08
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2006/08/31 (Thu) 057:制服

いままでに着た制服を燃やしきるいま捨てられた吸殻の火で

スポンサーサイト

異次元題詠05 | trackback(0) | comment(0) |


2006/08/30 (Wed) 056:松

貝の身を選る箸先を見つめつつ裂かれるだけの松葉を思う

異次元題詠05 | trackback(0) | comment(0) |


2006/08/29 (Tue) 055:ラーメン

あなたにはチェルシーじゃなくラーメンになれないベビースターあげたい

異次元題詠05 | trackback(0) | comment(0) |


2006/08/28 (Mon) 054:靴下

鳥をみな逃がした後は靴下のつまさきばきを試したりした

異次元題詠05 | trackback(0) | comment(0) |


2006/08/27 (Sun) 053:髪

風水で桃色にした浴室に落ちて流れて吸い込まれる髪

異次元題詠05 | trackback(0) | comment(0) |


2006/08/26 (Sat) 052:螺旋

誰もいない水辺で しね と言う日々を螺旋のほつれがからめとるだろう

異次元題詠05 | trackback(0) | comment(0) |


2006/08/25 (Fri) 051:泣きぼくろ

泣きぼくろはがすみたいに授業中まっかなペンで「あはれ」って書いた

異次元題詠05 | trackback(0) | comment(0) |


2006/08/24 (Thu) 題のリスト(051~060)

051:泣きぼくろ
052:螺旋
053:髪
054:靴下
055:ラーメン
056:松
057:制服
058:剣
059:十字
060:影


折り返し50首だ!
たのしみです。

異次元題詠05 | trackback(0) | comment(0) |


2006/08/23 (Wed) 050:変

いまはもうおもいだせない変な顔してくれたきみの顔の変さを

異次元題詠05 | trackback(0) | comment(0) |


2006/08/22 (Tue) 049:ワイン

ワインセラーをくぐりぬければ三月の夜へと沈みゆく足の裏

異次元題詠05 | trackback(0) | comment(0) |


2006/08/21 (Mon) 「空」

風船の中にあなたが吹き込んだ息が空気になるまでは泣く

ぴんぽんが鳴ったら出てね ママは今空っぽの練習中だから

きづいたら星だと教えられていて夜空の模様と言えなくなった



上記のお題で、別名義で発表しました。

短歌 | trackback(0) | comment(0) |


2006/08/20 (Sun) 048:袖

袖のない格好でいる合コンの席のすみっこ カレー食べたい

異次元題詠05 | trackback(0) | comment(0) |


2006/08/19 (Sat) 短歌自動翻訳

まひるさんがしているのを見てまねっこしたあそび。
自分のつくった短歌を、このサイトでまず英訳し、その結果をさらに和訳する、というものです。



好きだったもの。

ガーベラの咲く道だけを示されて「ごめんなさい」で始まる告白

Confession that is indicated only road where transvaal daisy blooms and starts by "I'm sorry"

示される自供、ガーベラが「私は残念であること」によって咲いて、始まる道路だけ

(道路が始まるのね……)


ねえあたしいつからあなたにあいたくてパズルをときつづけてるんだろう

It sleeps and it gets it. Meet..work out a puzzle.

それは眠ります、そして、それを得ます。 会ってください。パズルを解いてください。

(とりあえず切実だな……)


木から落ちる猿は無言でふりつもりふりつもり 朝 きょうははれです

The monkey that falls out of a tree is silently and clear weather on this day of the lying thick lying thick in the morning.

木から落ちる猿は静かにそうです、そして、朝厚い状態で横たわりながら、厚く嘘をつくのをこの日の天気から取り除いてください。

(今日は嘘をつかない日でありますように。無理だよう。そして厚い)


思い出す 深海に灯はともること あなたがとてもきれいなことを

The light in the recalled ocean : a very ..and.. beautiful thing.

リコールされた海洋における光: まさしくその。そして、美しいもの。

(リコールされた海は美しい)


やさしがる世界の光が乱反射して動けなくなる美容院

The beauty parlor that cannot move. reflect freely the pierced world and light

それを動かすことができません。美容院、自由に貫くことを世界的に反映してください、そして、火が付いてください。

(まるで岡本太郎さんですね! すてき。美容院だけど)




笑ったもの。

生きること憎みぬくこと訪れぬままばら組ではつ恋をした

Rose class Coi was done though alive Nic was seen through and it did not visit.

バラのクラスCoiはもっとも、生きていた状態でして、Nicが見られたということでした、
そして、それは訪問されませんでした。

(CoiとNicって誰! 
 いつのまにか片思いのうたになってるところが、本質をついている。)


泣かないですむ方法がこの辞書の表面積分保たれている

The method for need not the cry drips and ..surface area of this dictionary..
Tamotsu drips.

そしていずれの叫びもたらさない必要性のための方法。この辞書の表面積。
タモツは垂れます。

(こんなに細部まで和訳できているのに、たれまくり)


冬薔薇のほのおたくわえ何度でもきみが戻ってこられるように

Come back to you times of the rose of the flame savings how many in winter.

何コネが避寒するという炎の貯蓄のバラの倍を支持しに来てください。

(選挙?)


大陸がうつぶせのおなかの下で移動していく とりのこされた

The continent of lying upon face was left ..the movement under the stomach...

表面で嘘をつく大陸は残されました。胃の下の動き…

(動きが何なの! 最後まで言いなさい!!
 「表面で嘘をつく大陸」、すき。)


結論:すばらしいシステムです。

メモ | trackback(1) | comment(2) |


2006/08/18 (Fri) 047:大和

中指で容器の底にふるへつつなほ在る大和糊を掬ひぬ

異次元題詠05 | trackback(0) | comment(0) |


2006/08/14 (Mon) 046:泥

たまごわるときの強さをおやゆびにこめてロックをはずす泥棒

異次元題詠05 | trackback(0) | comment(0) |


2006/08/13 (Sun) 045:パズル

ねえあたしいつからあなたにあいたくてパズルをときつづけてるんだろう

異次元題詠05 | trackback(0) | comment(0) |


2006/08/12 (Sat) 044:香

ぱちぱちと夜空に星がゆれるたび街は真水の香りをはなつ

異次元題詠05 | trackback(0) | comment(0) |


2006/08/11 (Fri) 043:馬

隕石が降ってくるのを待ちながら桂馬の位置でほほえむばかり

異次元題詠05 | trackback(0) | comment(0) |


2006/08/08 (Tue) 「夏を感じる歌」

これ以上裸になれぬひまわりが花占いの指をまつ庭


上記のお題で「犬という名の猫な歌会。」に出させていただきました。

短歌 | trackback(0) | comment(2) |


2006/08/07 (Mon) 042:官僚

官僚の車に雪をぶつけます 雪玉にするまでもないです

異次元題詠05 | trackback(0) | comment(0) |


2006/08/06 (Sun) 041:迷

二次元の迷路をなぞる鉛筆と一緒にまっしろい部屋で寝る

異次元題詠05 | trackback(0) | comment(0) |


2006/08/04 (Fri) 題のリスト(041~050)

041:迷
042:官僚
043:馬
044:香
045:パズル
046:泥
047:大和
048:袖
049:ワイン
050:変

異次元題詠05 | trackback(0) | comment(0) |


2006/08/03 (Thu) 040:おとうと

惑星の逆行を説くおとうとをよくわからないまんま抱きたい

異次元題詠05 | trackback(0) | comment(0) |


2006/08/02 (Wed) 039:紫

紫陽花はしずくで咲いて花びらの数だけわたしをこわしていった

異次元題詠05 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

about

橘 こよみ

Author:橘 こよみ

短歌をつくっています。

recententry&comment

最近のコメント

archives

category

感謝です。

trackback

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

aglio-e-olio内検索

link*link

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。