2007・07
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2007/07/30 (Mon) 060:キス(橘 こよみ)

雨を待つとかげのように夕空に背伸びをすればやがて降るキス

スポンサーサイト

題詠07(+04) | trackback(0) | comment(0) |


2007/07/28 (Sat) 059:ひらがな(橘 こよみ)

黒薔薇に矛盾を撒いて育てればひらがなとしてほころんでゆく

題詠07(+04) | trackback(0) | comment(0) |


2007/07/27 (Fri) 058:鐘(橘 こよみ)

きいたことないけどきみを揺さぶると一〇八つめの鐘の音色だ

※改めました。

題詠07(+04) | trackback(0) | comment(0) |


2007/07/26 (Thu) 057:空気(橘 こよみ)

細胞が夏の空気にひたされてとても素直な表情をする

題詠07(+04) | trackback(0) | comment(0) |


2007/07/20 (Fri) 056:タオル(橘 こよみ)

ぴかぴかにタオルで磨きあげたれば歩まん ゆつくりと鰓呼吸

題詠07(+04) | trackback(0) | comment(0) |


2007/07/17 (Tue) 055:労(橘 こよみ)

おにくねぎおにくの順に刺しいつか苦労は甘いと日記に書こう

題詠07(+04) | trackback(0) | comment(0) |


2007/07/12 (Thu) 054:電車(橘 こよみ)

2秒後に電車は再び動き出し一斉床に散ったフリスク

題詠07(+04) | trackback(0) | comment(0) |


2007/07/11 (Wed) 053:爪(橘 こよみ)

左手の小指の爪の7mmの深みに沈む墨汁の濃さ

※改めました。

題詠07(+04) | trackback(0) | comment(0) |


2007/07/08 (Sun) 052:あこがれ(橘 こよみ)

抱き合えた日もなおきみにあこがれてわたしの部屋が真っ青になる

題詠07(+04) | trackback(0) | comment(0) |


2007/07/03 (Tue) 051:宙(橘 こよみ)

鈍痛が星の闇からふりそそぐ わかる 宇宙同士だから わかる

題詠07(+04) | trackback(0) | comment(0) |


2007/07/01 (Sun) 題のリスト(051~060)

051:宙
052:あこがれ
053:爪
054:電車
055:労
056:タオル
057:空気
058:鐘
059:ひらがな
060:キス

題詠07(+04) | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

about

橘 こよみ

Author:橘 こよみ

短歌をつくっています。

recententry&comment

最近のコメント

archives

category

感謝です。

trackback

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

aglio-e-olio内検索

link*link

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。