2007・08
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2007/08/31 (Fri) 072:リモコン(橘 こよみ)

リモコンは蓮華畑に忘れられ海老の眼(まなこ)と等しき純度

スポンサーサイト

題詠07(+04) | trackback(0) | comment(0) |


2007/08/26 (Sun) 071:鉄(橘 こよみ)

追いかけて来るなと言うな木蓮の花片がささる鉄条網越しに

題詠07(+04) | trackback(0) | comment(0) |


2007/08/25 (Sat) 題のリスト(071~080)

071:鉄
072:リモコン
073:像
074:英語
075:鳥
076:まぶた
077:写真
078:経
079:塔
080:富士

題詠07(+04) | trackback(0) | comment(0) |


2007/08/21 (Tue) 070:神(橘 こよみ)

神様がわたしの無数のにせものをコインランドリーで回している

題詠07(+04) | trackback(0) | comment(0) |


2007/08/15 (Wed) 069:卒業(橘 こよみ)

七度目の卒業を迎えてもまだ桜の花の奴隷であります

題詠07(+04) | trackback(0) | comment(0) |


2007/08/12 (Sun) 068:杉(橘 こよみ)

どの傘もおひとりさま用杉の戸をあけてぞ今朝はかろやかに行く

題詠07(+04) | trackback(0) | comment(0) |


2007/08/10 (Fri) 067:夕立(橘 こよみ)

二度来てはいけない道だ夕立でビデオカメラがぬれてしまった

題詠07(+04) | trackback(0) | comment(0) |


2007/08/09 (Thu) 066:切(橘 こよみ)

かがやきが自分のものであったため鋼の檻をざくざくと切る

題詠07(+04) | trackback(0) | comment(0) |


2007/08/08 (Wed) 065:大阪(橘 こよみ)

大阪の水色の埃の中に象はまします数百箇月

題詠07(+04) | trackback(0) | comment(0) |


2007/08/08 (Wed) 064:ピアノ(橘 こよみ)

イニシャルを誇るピアノの前に立ちわたしはどうにか等号になる

題詠07(+04) | trackback(0) | comment(0) |


2007/08/07 (Tue) 063:浜(橘 こよみ)

雷に打たれる千の鳥千の砂浜 こぼすことなく見える

題詠07(+04) | trackback(0) | comment(0) |


2007/08/06 (Mon) 062:乾杯(橘 こよみ)

胸元に飛沫ふたりでいればいい赤いコーラの乾杯のため

題詠07(+04) | trackback(0) | comment(0) |


2007/08/05 (Sun) 061:論(橘 こよみ)

高台にやってきました微幸福論に泡立つ波間を離れ

題詠07(+04) | trackback(0) | comment(0) |


2007/08/03 (Fri) 題のリスト(061~070)

061:論
062:乾杯
063:浜
064:ピアノ
065:大阪
066:切
067:夕立
068:杉
069:卒業
070:神

題詠07(+04) | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

about

橘 こよみ

Author:橘 こよみ

短歌をつくっています。

recententry&comment

最近のコメント

archives

category

感謝です。

trackback

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

aglio-e-olio内検索

link*link

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。