2017・09
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2007/06/30 (Sat) 050:仮面(橘 こよみ)

五ヶ月目おんなの臍の奥深き場所で形成されたる仮面

スポンサーサイト

題詠07(+04) | trackback(0) | comment(2) |


<<題のリスト(051~060) | TOP | 049:約(橘 こよみ)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


五ヶ月の謎 

こよみさん、こんにちは、yururyです。
ご無沙汰しています、書き込みをありがとうございました。

サボりまくりのサイトで、ああああ、もう追試決定みたいな私とちがって、
こよみさんも着々と進まれていてすごいな~とみとれてしまいます。

「五ヶ月目」
う~ん、何が五ヶ月目なのだろうと類推する時に真っ先に浮かぶのは
やはり「臍」と連携してお腹の赤ちゃんですが、赤ちゃんの顔らしき
ものが母親のお腹の中で形成されていく時期なのかな……否、
そう簡単に問屋が卸すはずがない。
しかも「仮面」、それは何かを隠すものであって何かではない。
とても奥行きのある、難しいお歌です。

そんな人にも色んな顔があって、誰かとつきあっていく、何かを
こなしていくうちに、数ヶ月が経った時にはこっそり別の顔をつくり
もっている。
……のは、私だけかもしれませんが、そういうふうにもとれるかなと
思いました。

なぜ「五ヶ月」か。
初句の韻律として座りがいいから……じゃあ駄目かな。
だって「二ヶ月」じゃ早すぎるもん。

というわけで、これからもよろしくお願い致します。






2007/07/01 21:46 | yurury [ 編集 ]


 

>yururyさん

がわわわ! わざわざお越しくださいまして、こちらこそありがとうございます。
yururyさんの、一句ごとに分け入っていくあの感じ、語に襞のあるおうたたち、ほんとうに楽しみにしています(プレッシャーとしてではなく^^)

折り返し地点のうたの読みを聞かせていただき、さらに感謝です。
「場所」という語を「肉」とか「蒲団」とか悩んだのですが、ぼかしてみました。
妊娠のうただってわかってくださってうれしかったです。
ひとはもう気づいたら仮面をつけていて、素の自分なんてほんとうは自分でさえわからないものなんじゃないかと思って詠んだうたです。命を得たその瞬間から、仮面の元になるものも、顔と一緒に育っていっているのではないかと。
そしてもちろん、あえて「場所」とぼかしたのは、つきあっている男女の「おんな」の腹の中で、倦怠期というか、男に見せる以外のもうひとつの自分(浮気とか)が育っていくという風にもとらえられるようにということでした。
yururyさんがどちらも読んでくださって、これでこのうたはよかったんだなと思えました。
ほんとうにありがとうございます。

「二ヶ月」は韻律として置き換え可能ですが、
「妊娠二ヶ月」とは言わないし(何週目、とか言いますよね)
その時点では赤ちゃんはまだ何センチにもなっていないし、
さらに男女の関係がぬるーくなるのも五ヶ月ならリアリティーがあると思ったからです。
はぁ、これも作歌過程でもちろん通り過ぎた箇所です。
うれしいな。
こんなにも、こんなにも!

こちらこそ、今後もどうぞよろしくお願いします。
またお茶会などでご一緒できるといいですね。
楽しみにしています^^

2007/07/02 00:28 | こよみ [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://aglioeolio.blog69.fc2.com/tb.php/197-1f59bc07

| TOP |

about

橘 こよみ

Author:橘 こよみ

短歌をつくっています。

recententry&comment

最近のコメント

archives

category

感謝です。

trackback

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

aglio-e-olio内検索

link*link

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。