2017・05
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2007/10/29 (Mon) コンビニ

題詠も終わったので、ぼちぼちとまたうたをつくりはじめていますが
コンビニに関するうたをいくつかつくった段階で気づいたことが。
「コンビニ」ではなく「ローソン」でつくっているのです。
なぜかというと、わたしの家に一番近いコンビニがローソンだから。
そして、近辺でいちばんよく見かけるコンビニもローソンだから。


もちろん東京に住んでいた頃は他のコンビニも利用していたし
今の場所だって、存在するコンビニはローソンだけではないんだけれど
どうしてなんだろう


と考えて
ふたつの理由に行き着きました。
ひとつは、短い字数であり使いやすいこと。
もうひとつは、全国出店している唯一のコンビニチェーン店であるということ。
(もっとも、最たる理由は、先に述べた「身近だから」なのですが)
前者は「ファミマ」「サンクス」とかでもいいんだろうけれど
ファミマだとやっぱりこなれていない省略形(そもそも日本語にない音)という感じだし
サンクスには必然的に「ありがとう」の意味も付随してくるし。
後者は、単純に、共感性です。


「コンビニ」ということばで真っ先に思い浮かぶ、
『D・arts』創刊号の松村正直さんの評論(『新しい言葉と短歌-「コンビニ」を例として』)をもう一度読み返してみました。
ここに例として挙げられている短歌にも「ローソン」の出現率は高いです。
あとは「ファミリーマート」と「セブン・イレブン」が一例ずつ。いずれも七字扱いです。
「コンビニエンス・ストア」や「コンビニエンス」としての使用例もありましたが、前者は初句七音。
三十一音中七音(以上)を費やすことを考えると、コンビニという省略形は短歌において「あり」なのでしょう。


ともかく「コンビニ」と「ローソン」の持つ意味合いは異なるし
固有名詞の呪術性なども絡んでくるのだろうけれど
わたしにとってコンビニはローソンなのかもしれないな
とふと思ったことです。

スポンサーサイト

短歌 | trackback(0) | comment(0) |


<<五首選会に参加します | TOP | 題詠「舌」>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://aglioeolio.blog69.fc2.com/tb.php/257-b8171084

| TOP |

about

橘 こよみ

Author:橘 こよみ

短歌をつくっています。

recententry&comment

最近のコメント

archives

category

感謝です。

trackback

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

aglio-e-olio内検索

link*link

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。