2017・09
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2006/06/06 (Tue) 題詠100首のうた(001~020)


もう終わりだというようにわれわれは風にゼラチンとかしてたべる
(001:風)


臨界値越えて愛するとき指はかけらとなってまな板にのる
(002:指)


きもちわるい私の部屋がきもちわるい手紙ばかりで埋めつくされる
(003:手紙)


明るくて清潔なキッチンがいい 骨をつぎつぎ飲み込めるよう
(004:キッチン)


ややこしいことはいいこと 雛壇に並ぶ三人官女の微笑
(005:並)


自転車は龍になるため三月の嵐の中を来る ここへ来る
(006:自転車)


きらきらと金魚の尾ひれ どろどろの柿の匂いをさせつつ揺れる
(007:揺)


テーブルにひえきりひかる 結婚をせよ どゅるどゅるの親子どんぶり
(008:親)


人魚らは虹の先まで行けるよう回転椅子に正しく座る
(009:椅子)


仰ぎ見る桜には風 俯いてゆがむあなたの頬に花びら
(010:桜)


ライフイズベリーショートのF#こだましあえどからっぽの庭
(011:からっぽ)


あぎあぎと噛めば毛糸は甘くなりからまってゆく君の首筋
(012:噛)


カスタードクリーム色の月は満ち 今日はこちらにお泊まりします
(013:クリーム)


柔肌の石 刻まれた名の主の欠と落とを本音で述べよ
(014:刻)


フラスコでなく庭の百葉箱の中で秘密は生まれ忘らる
(015:秘密)


息をつくことさえ許さぬせせらぎの小ささ 越えればもうもどれない
(016:せせらぎ)


すくいあげるように壊せば月は今まどろむ医者の頭上に高く
(017:医)


つらいいやつらいいやとは言わないではためいているティアードスカート
(018:スカート)


つまさきに雨粒ははね おれんじやぴんくやあかやむらさきやきや
(019:雨)


きみが今血を流したりまばたきをしたりしながら送る信号
(020:信号)


*なんというか、イノセントですね(^^;)

スポンサーサイト

題詠06 | trackback(0) | comment(0) |


<<題詠100首のうた(021~040) | TOP | こんにちは>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://aglioeolio.blog69.fc2.com/tb.php/3-b6bec1cf

| TOP |

about

橘 こよみ

Author:橘 こよみ

短歌をつくっています。

recententry&comment

最近のコメント

archives

category

感謝です。

trackback

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

aglio-e-olio内検索

link*link

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。